少ない資金で大きな取引をすることが可能です

FXとは、ふつうの外貨預金とは異なります。ふつうの外貨預金では、10万円の自己資金では、10万円分の取引しかおこなうことができません。しかし、FXでは、レバレッジをきかせることにより、10万円以上の取引をおこなうことが可能になるのです。したがって、ふつうの外貨預金よりも多くの稼ぎを期待することができます。
 しかし、稼ぎも大きいけれど、損失も大きくなるのがFXの特徴だといえます。損失を出してしまった時には、ふつうの外貨預金よりも大きな損失となってしまいます。このことは、きちんと承知した上で、取引に臨むといいでしょう。
 数年前には、FXで何億円も稼いだ人のことが話題になりました。そして、それがきっかけで、FXというものがメジャーな存在になったのでした。しっかり勉強して、取引に集中すれば、大きく稼ぐことも夢ではないのです。そして、少ない資金を大きく増やすことも可能だといえます。そういう意味では、チャレンジしてみる価値はあると思われます。

ギャンブル性が高い海外FX

“国内のFX業者は法律の改正によって最高25倍までのレバレッジをかけることしかできなくなってしまいました。規制が緩い前には100倍のレバレッジなどが普通にあったものですが、そのころからFXをやっていた人にとってはちょっと物足らない感じがしないでもありません。
株式投資の信用取引などは3倍程度のレバレッジが普通であることを考えれば、FXの25倍のレバレッジでも十分大きいといえるかもしれませんが、どうしてもそれでは我慢できないという人には海外FX業者を利用するという手があります。海外FX業者であれば、日本の法律の規制を受けることはありませんから、その業者のある国や地域の法律に規制を受けることになります。なので海外FX業者では100倍のレバレッジなどは当たり前で業者によっては数百倍のレバレッジをかけることも可能です。ただし、海外の業者でありますから、利用する前にはある程度の信用度などを調べておく必要はあります。”

再挑戦に躊躇

大学時代に勉強の一環でちょっとした投資を試みたことがあります。株式や不動産投資などは難しかったのですが、少ない資金で投資できるFXは学生の身分でも手軽に始めることが出来たのでチャレンジしてみました。原理は簡単でした。安いときに勝って高いときに売る若しくは高いときに売って安いときに買い戻すだけで儲かるとの以下にも理解しやすいものだったので一歩を踏み出しやすかったわけです。始めてからしばらくは知識がないのでオーダーを出す方法から勉強をしていくつかあるオーダーの方法も勉強し少しずつなれて生きました。時間があるときにはパソコンの前に座ってチャートを見ながら売り買いを繰り返して少しずつ資金を増やしていきました。値動きによって儲かることなく時間だけが流れていくこともありましたが、一日千円前後の儲け率を維持していましたが、ユーロとの動きで買っていたドルが安くなり一瞬で資金を全てなくしました。今はもっと資金も安定していて収入もあって再チャレンジしてみたいですが、なんとなく躊躇しています。

トライオートで冷静な判断が可能

インヴァスト証券では、顧客データを分析して、勝っている人と負けている人に分けました。そうすると、感情に流されて、もっと儲かるかもと思って損失になっています。勝つときは小さく勝ち、負けるときに大きく負ける人が多いらしく、この傾向を変えないかぎり勝てないということです。負けを小さくして、大きく勝つと考えていても、そうならないのが要因です。

できるだけ冷静に判断するために、インヴァスト証券が考えたのが、2年かけて作った「オートパイロット型裁量FXトライオート」というツールです。人間ができるところと、システムに任せてしまうところを分けるものです。人間がやることは、相場の予測で、利食いや決済は、ルールに沿って自動で行います。

とても自信があるらしく、これでもFXで勝てなかったら、やめてしまってほうがよいと言っています。トライオートの注文画面では、相場を予測して、「売買方針」を選択します。これで淡々としたトレードが可能になりそうです。

リスクを許容できるならポンド通貨がお勧め

最近、昼間は忙しいので夕方からFX取引しています。ちょうどロンドン市場がオープンする時間帯になりますが、この時間帯はポンド通貨の動きが活発になるので、ポンドルやポンド円、ポンスイあたりを狙っています。

ポンドは一日の値動きが大きく、手を出すには危険な通貨だと思っていました。ポンド円やポンドルなど一日に100pips以上動くので、一時的な変動によってすぐに逆指値に届いてしまうため、FX初心者にはあまり推奨されていない通貨ペアでした。

でも実際に取引してみるとドル円よりポンドルやポンド円の方がテクニカル通りに動きますし、値動きが大きいので比較的、短時間で指値や逆指値に届き、リスクを限定できる事が分かりました。

ですから、ある程度リスクを許容できる方にはポンド通貨ペアがお勧めで、リスクを抑えて取引するならドル円やユーロドルがいいと思います。

ちなみにポンド通貨ペアの中ではポンドルが一番値動きが分かりやすく、私はいつもポンドルをメインに取引しています。